協力会社との付き合い方

以前このBlogにも掲載しましたが、「ベンダーコントロール」についてお話しします。
※ ここでの「ベンダー」とは「協力会社/パートナー会社」を意味します。

こんな経験ありませんか?
  • 実績のある会社の協力を得たが効果がイマイチ
  • 作業の依頼をしても何となく認識がズレてるような気がする
  • 契約以外の作業を依頼してよいのか
何れも、ベンダー(協力会社)を上手く使いこなせていない 状況です。

作業を依頼する前に、内容に関するディスカッションをしてはいかがでしょうか。
(このディスカッションを断るようなベンダーは ダメ ですね。。。)

もしかしたら、類似事例を持っているかもしれませんし、
その作業に対するメリット/デメリットや実装効果を一緒に悩んでくれるかもしれません。
このようなディスカッションを重ねるうちに、ベンダー側から「見えていなかった課題/リスク」「現在の運用に関する改善案」などの提言/提案を得られるかもしれません。

ただ、「何でもかんでも」としてしまうと、ベンダー側から「本来の契約から逸脱している」と怒られてしまうので、タイミングと相手の顔色を見て「業務改善支援」などの追加契約の話を持ち出すのが良いでしょう。

せっかく契約しているのですから、「ちょっと厚かましいくらい」に協力を求めましょう。

「ベンダーコントロールが上手くいかない」などありませんか?
一緒に円滑なプロジェクト運用を目指しましょう。
ご予算に合わせたサービスメニューをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
サービスメニューは<こちら>から



本ブログで使用しているイラストはなのなのなさんによるイラストACからのイラストを使用しています。